読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

読書のおすすめSF ≫ 本の紹介:火星の人

本の紹介:火星の人

ゴールデンウイーク真っ最中ですがお元気ですかー。
筆者は元気ですよー。
観光地に住んでるからうっかり車出せない(大渋滞になるから)けどね。

本日紹介する本はアンディ―・ウィアーの「火星の人」です。
はい、今年の2月に公開された映画「オデッセイ」の原作ですね。

あらすじとしては、火星探索にきたクルーが嵐に巻き込まれて
運の悪い事に主人公・マークは吹き飛ばされて行方不明になってしまいます。
他のクルーは探索に時間がさけなかったため
(もともと物語冒頭で、すでにNASAから帰還命令が出ていたのです)
後ろ髪を強烈に引っ張られる思いで泣く泣く彼の捜索を断念、
地球に帰還します。

しかし、幸か不幸か、(重要な骨や臓器に異常がない、動けるくらいのけがで)彼は生きていました。
何とか状況を確認しようと放棄されたハブ(住居のようなものです)にいくと
幸いにも食糧やビタミン剤、医療器具、そして嵐でも壊れていなかった
酸素供給器や燃料供給器のおかげで当面の生活については困ることはありませんでした。

そして彼は思います。
「計画が中止になっていなければ次に火星に誰かが来るのは4年後・・・生き延びねば
と。
そしてここから彼が自らの知識とフル活用してのサバイバルが始まるのです。

ここまで書いてみて、そして映画の「オデッセイ」の予告からここからさぞかしハードな
サバイバル生活になるかと思いきや、主人公マークの鋼鉄製の
強力な前向きメンタルのせいか、悲壮な空気はありません。
「なんであなたそこまでポジティブなの?」と思うくらいです。
もちろん途中で生命線の一つであるジャガイモが全滅したり
色々と苦難はまちうけているのですが、
それでも彼はいつか来る助けを待ちながら
ジャガイモを育て、
火星でサバイバルを続けていきます。

映画を見た方にもおすすめですし、文庫本で上下巻で売っておりますので
あんまり悲壮な空気ではないSFを読みたい、という方にお勧めです。

余談ですが筆者はどうしてもこの本を読んでいると
某アイドルグループで今も島で頑張っているであろう彼を連想してしまいます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する