読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

読書のおすすめ雑談 ≫ 第94回箱根駅伝復路感想:青山学院大学は強かった

第94回箱根駅伝復路感想:青山学院大学は強かった

さて、皆さまあけましておめでとうございます。
筆者は明日から仕事です。5連休は早かった。
さて、第94回箱根駅伝の感想を。

青山学院大学はやはり強かった

青山学院大学の皆さま、箱根駅伝、圧倒的4連覇、おめでとうございます。
蓋を開けてみたらまたしても圧倒的勝利でした。

東洋大学が悪かったわけじゃないんだ・・6区区間賞7区区間新8区区間賞とか
オーバーキルにもほどがあるんだ・・・。
東洋大学的には6区である程度差をつけられるのは承知の上で
7区で勝負したかったのでしょうけどその7区が区間新・・。
8区下田君に来る前に勝負がついてしまったのは計算外だったでしょう。
しかし東洋大学は今回のメンバーの中で4年生が1人だけなので
来年の箱根が楽しみです。
そしてそれ以上にびっくりなのは駒澤大学がシード落ちしたことです。
なんだかんだで10位以内には上がってくると思ってたんですが
頼みの工藤選手が本調子じゃなかったのが効いたか。

そして城西大学が無事にシードが取れたことがうれしかったです。
正直来年の立川に放り込まれたら予選落ちが普通にあり得るので
本日の復路はすごくハラハラしてみていました。
6区がちょっと危なかったかなと思いましたが、7区8区と安定しており
9区でひやっとして10区で安定したのをみてほっとしました。

来年は95回の記念大会ですが問題はこれだけ繰り上げ祭りが発生すると
「枠いるの?繰り上げするだけなのに?」という疑問がでてきそうなのが・・・うん
今回もそうだけど90回も繰り上げ祭りだったしなあ。
というところで今回はここまでです。

正月3が日ですでに今年終わった気分ですが、本の感想も上げていくので
気長に待っていてください。
関連記事

FC2Ad