読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

読書のおすすめSF ≫ 本の紹介:.パラサイト・イヴ

本の紹介:.パラサイト・イヴ

秋も深まり、今年もあと一ヶ月と少し、だんだんと肌寒くなってきました。
さてそんな中、本日もマイペースに本を紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは瀬名秀明氏の「パラサイト・イヴ」というホラー小説です。

「聞いたことがあるような」という人もいると思いますが映画にも漫画にも
なんとゲームにもなっています。
また、同時期に「リング」などの大ヒット作もでたこともあり、
一大ホラー小説ブームがおきました。

ではここであらすじを。
大学の研究室に努めている永島利明の妻、永島聖美が事故を起こし
容体が危ないという連絡が入りました。
急いで病院に駆け付けたところ、すでに聖美は脳死状態であり、
助かる見込みはないことを医者から告げられます。
そして臓器移植のコーディネイターと、主治医に聖美の腎臓を
移植することを了承する代わりに、肝臓をくれと彼は申し出ます。
全て「彼女」の思惑通りに事が進みます。
そして、彼女と人間の、静かな戦いが始まるのです。

さてここで生物の授業を。
動物の細胞にはミトコンドリアという物質があります。
この物質は酸素からエネルギーを作りだす役目があります。
これがあるから私たちは地球上で活動ができるわけです
このミトコンドリア、実は細胞内で共生している別の生き物であるという説があり、
もし、そのミトコンドリアが反乱を起こしたら。
という前提で書かれているどちらかというとSFに近い小説です。
「彼女」は人間にとって代わろうと、静かにそしてゆっくりと事を進めていきます。
全てがうまくいき、そして彼女は人類に宣戦布告を行います。

研究室が主な舞台のため、ちょくちょく専門用語が出てきますが
巻末に簡単な解説がありますので、大体あってるくらいの感じで
読み飛ばせばいいと思います。

どこまでネタバレをしていいのか相変わらず難しいですが
彼女の計画はなんと完了したあとで大きな穴があったことが分かり
そのことで人類は一応救われますが
一抹の不安は残ります。

ということで今日はこの辺で。

参加しています。

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ:おすすめ - ジャンル:アフィリエイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する