読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

本の紹介:コーヒーの事典

3月も来週で終わる今日この頃、風邪なのか花粉症なのか
よくわからない症状に悩まされている筆者です。
そして久しぶりに外出したらこないだ開店したとおもった
コンビニが売店舗になっていてびっくりしました。
確かオープンしてから2年経ってなかった、よなあ・・
立地もそこそこよかったはず、なんだよなあ・・。

某コーヒーメーカーが新発売した紅茶を試しに買って飲んでみました。
飲んでいるときはやや薄いストレートティーなのですが
後味の癖が強い、というか強すぎて
お茶本体の味を吹っ飛ばしているように感じるので
好みがかなり分かれると思います。

という事で、(どういうことだ)
筆者は紅茶党なのですが、今回の事で
ちょっとコーヒーも知ってみようと思って
成美堂出版さまの「コーヒーの事典」を買ってきました。
大部分はコーヒーの淹れ方、自家焙煎のやり方や
コーヒーのアレンジレシピ、コーヒーに合うスイーツの作り方などの
コーヒーのための初心者向け説明書、あるいは
コーヒーアレンジレシピ集、といった感じです。
各ページ、フルカラーで解説されているので、初めてコーヒーを
自分で豆から選んで淹れてみたい、という人にはピッタリだと思います。
しかし読んでいると紅茶党である自分ですら一回はやってみたいなと
思ってしまいます。
コーヒーの沼に嵌る人がいるのもわかるというかなんというか。
自家焙煎嵌ると多分自分好みの味とか最もおいしい味や豆の配分とかを
とことん追求したくなる人がいるのもわかるような気がしてきました。


関連記事

次のページ