読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

第95回箱根駅伝復路感想:東海大学初優勝、そして青山学院はやはり強い

95回箱根駅伝が終わりました。
事前の予想では青山学院大学が5連覇するだろうと思いきや
優勝は東海大学でした。おめでとうございます。

6区7区で詰めてきて8区で逆転とは・・・
しかも長らく更新されていなかった8区での区間新記録とは・・。
東洋大学は悪くないんです。失敗なく走っているのに
それ以上に東海大学と青山学院大学が
すごい勢いで差をつめてきたのです。
(復路の区間記録が10区以外、
青山学院大学と東海大学で1・2フィニッシュです。
10区だって区間2位と3位です。重ね重ねいいますが
東洋大学のタイムは決して悪くないんです。いや本当に)

そして青山学院。・・5分詰めてきちゃった。
さすがに東洋とは5分開いてるし、いけても3位だろうと思ってたら
普通に東洋大学を逆転してしまった。
これあと1分タイム差がなかったら
普通に東海大学も逆転できてた可能性もあったのかなと
思いました。やはり青山学院強いなあと改めて感じました。
そしてシード権が10区まで完全に団子ってかなりめずら・・
いや87回あたりがこんな感じだったなあ。(地味にトラウマ)

しかし今年
3区・4区・5区・6区・8区で区間新とか
本当にどうなってらっしゃるの・・。
というくらいの区間新祭りでした。

しかし東海大学はなんだかんだで実は区間新1つ
青山学院大学は区間賞6つ、そのうち2つが区間新と考えると
(あとの3つは東洋大学が2つ、帝京大学が1つ)
青山学院大学は4区と5区が本当に想定外だったのだなあと
感じる箱根駅伝でした。

お正月、走ったランナーの皆様、本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んでください。



関連記事

次のページ