読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

本の紹介:はじめての人のための3000円投資生活

Wカップ、決勝進出おめでとうございます。
予選リーグ当初は「これ一勝も無理だ」と半ばあきらめられていたのに
うれしい限りです。
ポーランド戦については色々言われていますがそういう人たちは
ドーハの悲劇を検索してほしいなと思っている今日この頃です。

さて、今回ご紹介したいのは「はじめての人のための3000円投資生活」です。
ベストセラーになったのでもしかしたら皆さまも一度手にとって読んだことがあるかもしれません。
この本は、簡単に言うと投資の入門書です。
投資の口座の開設の仕方、選び方からインデックスファンドの方法、
FXや融資の話について、
今言われているNISAのメリット・デメリットなども説明されています。

こういった本や話がよく出てくるという事は裏返すと、今の時代は
もう給与だけで生活していくのは難しい、という事なのでしょうか。
国も投資勧めてくる時代だからなあ・・。
でも勧めてくる割には圧倒的にみんな知識が足りないので
損をする人が出てくる&損をした人の話を聞いて
「怖い、やめとこ」な、世界なのが今のところ投資なので
まずは知ってみる、というのもいいのかもしれません。
多分数年後には学校とかでそういう勉強もやるのでしょうけど。

なお、何度も言われていますが投資や投機は自己責任です。
話題になったシェアハウスの投資の件もそうですが、よくよく聞くと
「んん?」となることが多いので投資の話を持ち掛けられたら
まずは誰かに相談してみましょう。たぶん8割がた「やめとけ」って言われます。




関連記事

次のページ