読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

本の紹介:面白い進化のふしぎ ざんねんな生き物辞典

明日で9月が終わりますねこんばんは。
最近は忙しくてなかなか読書の時間が取れないのが悩みです。
さて、本日紹介したいのは今泉忠明氏監修の「面白い進化のふしぎ ざんねんな生き物辞典」です。

時折生物の中には「どうしてこうなった」的な進化を遂げているものがいます
有名なものですとマンボウでしょうか。
しかしほかの生き物も色々「どうしてこうなった」的な進化や生態を持つ生き物もおり、
その仕組みや生態をイラスト付きで解説してくれている本です。
どちらかというと小学校くらいのお子様向けの本かもしれませんが
大人でも十分に楽しめる本でもあります。

これまでは「すごい」という一面を強調している本がたくさん出ていましたが
この本はあえて「どうしてそうなったのお前・・」という部分をピックアップしています。
ただし、今でこそ「どうしてそうなった」ですが、当時の状況からすると
仕方がなかったり、体の機能を考えるとそうならざるをえなかったりする背景も見えてきますので
生命の進化の不思議に触れてみてもいいでしょう。

しかし、筆者が一番お伝えしたいのは解説についてくる動物のイラストです。
各動物の特徴をよくとらえて忠実に書いてあるのですが味のあるイラストなのです。
どう味のあるイラストなのかは、実際に本屋に行ってパラパラ見てみてください。

大変好評だったようで「続・面白い進化のふしぎ ざんねんな生き物辞典」も
出版されているので、そちらのレビューもかくつもりでいます。
それでは本日もこのへんで。
関連記事

次のページ