読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

本の紹介:暗い宿

暑い日が続きますねこんにちわ。
あのうろうろしている台風は早く低気圧に変わってほしいと思っている筆者です。
もどってくるなよ、関東に戻ってくるなよ。

さて本日紹介するのは有栖川有栖氏の「暗い宿」です。
そういえば筆者、数えてみると有栖川有栖氏の本を紹介していることが多いですね。
好きなんですね。きっと。

「暗い宿」は民宿・ホテルを題材にした短編集で、相変わらず事件に巻き込まれたり、
巻き込まれそうになっている火村先生と有栖川先生のお話しですね。
宿やホテルは一時といえど、様々な人が一夜をともにする施設ですし
様々な物語もあることでしょう。

表題の暗い宿、は有栖川先生が泊まった民宿跡から白骨が発見されたということで
火村先生を連れて調査に行くお話しです。
その宿は有栖川先生が泊まるときにはすでに閉鎖が決まっており、
取り壊している最中に白骨がでてきた、というお約束の展開でした。
犯人はもちろんその宿を経営していた女将さんでしたが、
火村先生から「そこにもう一つ死体がありますよね、探してもいいですか」に
「どうぞ」と返したのはちょっとびっくりしたというか、
そうとしか言えなかったのかもあるとは思いますが。
あそこで有栖川先生が泊まりに来なければ、完全犯罪が成立したかもしれず、
そういうところを見ると世の中は往々にしてよくできているなあと思います。

個人的に印象に残ったのは「ホテル・ラフレシア」でしょうか。
火村先生と有栖川先生が参加したミステリーツアーで
有栖川先生と一緒にきていた担当の方のわちゃわちゃをよそに
火村先生は何か気になるご夫婦と出会い、親交を深めていきます。
この方、だまされて最後の思い出に奥さんとホテルで無理心中をしようとしていたのですが
そのだまされた人が改心してお金を返してきた、というお話を信じて
無理心中を思いとどまった、というお話でした。
・・・うん、そんなうまい話あるわけないのにね。
ところどころに挟みこまれる有栖川先生と担当の漫才とシリアスの浮き沈みや
この最後の後味の悪さも含めて、個人的に今回のお話しで一番好きだなあと思っています。

そんなところで本日もここまで。
夏休み・・・は学校によってはもう終わっているかもしれませんが、
あとわずかです。今のうちに宿題終わらせましょうね。

  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事

次のページ