読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

雑談:電子書籍と紙の本

だんだん暑くなってきましたねこんにちは。

今回はちょっとだけ雑談というか筆者の好みです。
いろんなもののIT化が進んで、電子書籍サービスというものができました。

電子書籍サービスとはタブレットなどの端末で書籍が読めるようになるサービスです。
一部ファッション雑誌とかだと肖像権とかいろいろな権利が発生するので
画像が一部見られないとかそういう障害もありますが
近い将来、今の書籍販売になり替わるものだと思ってはいます。
多分紙の本というのはそれこそ専門書とか紙で管理しておかなければいけない超重要な事とか
郷土資料など貴重なものを記録しておくものになるのではないかなーと踏んでいます。
あとは、画集とか、写真集とか、そういうじっくりと見るものになるのかなな。
ほらデータって逆に言うとデリートキーがあれば消えてしまうので。

正直今の出版業界が振るわない理由としては紙の本自体の値段が上がっていることと
紙の本は処分に困る、というのがあるのでしょうね。
筆者も読み終わった本などは定期的に中古本屋にもっていっていますが
それでも置き場所に困りますしね。
でも筆者紙の本のほうが好きなんですよね。なんていうか読んでるって感じがするので。
でも最近はかさばって困るからデータに・・・でもなあと思っている今日この頃です。
それでやってみて、あ、こっちが良かった、と思うのもいつものことなんですけどね。
電子書籍は電子書籍でコストがあまりかからないので面白い作品を
こっちで発表している方もいるんですよねえ・・迷うなあ・・

あ、これから電子書籍サービスにしようとする方はなるべく大きなところを利用するか
大手の書店さんがやってる電子書籍サービス使ったほうがいいかもしれません。
電子書籍サービスはあくまでも読める権利を購入しているので
データの管理はサービス提供側です。
電子書籍サービスも結構競争が激しいので「今月一杯で終了します。」ってことも
あるかもしれないので。

思いついたのは○年前、今もグダグダ悩んでいたりします。
関連記事

次のページ