読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

本の紹介:紅茶の事典

いつも筆者のブログを読んでいただき、ありがとうございます。
そういえばここ数年、世界レベルの異常気象のせいで
コーヒー豆(特にブランドもの)の収穫が激減して
手に入りにくくなってるんですってね。
自分紅茶党ですがいつか同じようなことが起きそうでいやだなあ。

ということで本日ご紹介したいのは紅茶の事典です。
その名の通り、紅茶に関することを集めた本で
前半は世界で愛されている茶葉の種類の紹介から
紅茶の美味しい入れ方、ちょっとアレンジしたメニュー
それから、紅茶の成り立ちや世界中で紅茶がどのような役割を
したか、というようなお話も載っています。
後半は紅茶缶やティーセット、ティースプーンといった
それぞれに専門のコレクターがいるのもわかるくらい
美しい写真がカラーで掲載されており、
目の保養にもなります。

紅茶を知りたいかたなら前半だけでも
一通りの知識は得られますが、
自分としてはやはり後半の紅茶缶のカタログと
ティーセットのカラー写真に目を奪われてしまいました
紅茶缶は日本で手に入るものばかりですし、
一通りの有名どころは抑えてありますし、
これだけでも満足です。

巻末には美味しい紅茶を淹れるための
よくある質問と回答を入れてくれているので
いまいち紅茶が苦かったり渋くてうまく淹れられないときは
参考になると思います。

最近はティーパックや普通にペットボトルで売られていることも
多い紅茶ですが、たまにはリーフの紅茶に触れてみて
ちょっと違う気分も味わうのもいいかもしれない、と
思わせてくれる一冊でした。


人気ブログランキングへ

関連記事

次のページ