読書のおすすめ

筆者が読んだホラー小説、エッセイなどを中心にご紹介しています。

本の紹介:緋色の囁き

梅雨になりましたねこんにちは。
風邪でダウンしてたりGW明けでなぜか仕事が立て込んでいたりしたらこんな時期に。

さて本日の本の紹介は綾辻行人氏の「緋色の囁き」です。
綾辻行人氏の館シリーズとあわせて人気である囁きシリーズの第一巻ですね。

あらすじとしては、ある日全くよくわからないまま、いかにも怪しげな
お嬢様学校、聖真学園に、じぶんのことがよくわかっていない少女、冴子が転校するところから始まります。
そして時代錯誤の校則や、どこか不気味な少女や先生、なんだか重苦しい空気の
学校に戸惑っているさなか、開かずの間で一人の少女が焼死します。
「私は魔女なの」謎の言葉を残して。
そしてそれをきっかけに、冴子の周りで級友が次々と謎の死を遂げることになります。
恐怖におののく女子高の中、冴子は謎の囁きが聞こえるようになり、
自分がその犯人ではないかと思うようになります。
はたして犯人はだれか?冴子に聞こえる囁きの正体は?

文章中からかんじるのはなんていうか「この物語、赤色以外の色がないなあ」という感じでした。
それゆえにたまに色として出てくる赤というのが鮮明にイメージされている、
そんな感じです。
物語の舞台の女子高が窮屈さと異様さを前面にだしていて、
それゆえにそこに詰め込まれている人全員の鬱憤や思いが見えるせいでこう、
さらに閉塞感と加速する異常さ(魔女伝説とか)を
思い起こさせて、いかにも絶対になにか事件がはっせいしますよ、と
言ってるようなもんだなあと思っていました。

読んでいて、犯行の動機は「最初の自殺、本当は殺人で
だれか最初の犠牲者の復讐のためにやってるんだろうなあ・・だれだ?」
というように読んでいましたが、犯人が分かって動機がわかったときは
思った以上に斜め上をいっていたので「わかるかこんなん!!」と思ってしまいました。

そして犯人の正体についてですが「そこからくるかー」といった感じでした。
しかしこんな危険人物おいておかないでください校長。
ヤバいと自分でもわかっているところに親類(冴子)放り込むとかなんの試練ですか。
なんというか事件のきっかけが発生してしまった事と言い、なんといい
本来であれば防げるはずの事件が、凝縮された悪意と閉塞感と、
そこに燻って完全に消えていなかった火種と、異物(冴子)を投入したことで
真っ赤に燃え広がったような感覚があります。
作中にでてくる魔女(平たく言うといじめのスケープゴート)の話と言い
全体的になんか重苦しい空気と不気味さが漂う作品でした。

魔女で思い出しましたが法での正当性がない私刑の事を「魔女狩り」と
いいます。ここでの魔女狩りもそうです。
その魔女狩りをしていた者たちが、正真正銘の魔女によって
逆に狩られることになろうとはなんともはや。

それでは久しぶりになってしまいましたが、本日もこのあたりで。
関連記事

次のページ

FC2Ad